Archive for the ‘その他’ Category

聴講券、もうすぐ発送いたします!

皆さんこんにちは。

暑いだけでなく台風がやってきましたね。

暑い+ジメジメですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて!

MCM Forum 2013の開催まで、あと1カ月程です!

聴講のお申込みはもう完了していますか?

事務局には、公式Webから、そして案内リーフのFaxから

毎日とても多くのお申し込みを頂いております。

有難うございます。

席に限りがございますので、まだという方はお早めに。

 

ちなみに、既にお申し込みを完了された皆さま

もうすぐ聴講券を郵送いたします。

お受け取り頂きましたら、当日お持ちください!

公式twitterもご覧ください!

 

MCM Forum2013 好評受付中です!

皆さまこんにちは。

5月24日(金)から開始したMCM Forum2013のWeb申し込みですが

開始直後から多くの方にお申し込み頂いております。

お席に限りがございますので、「まだ申し込んでいない!」

という方は、お早めに。

公式Twitterもご覧ください。

FORUM’13 ウェブ申し込み開始しました!

みなさまこんにちは。

今年の三菱化学メディエンスFORUM’13 公式HPが本日オープン!

参加お申し込みも開始いたしました。

お席に限りがあります、皆さまお早目のお申し込みを!

『三菱化学メディエンスFORUM’13』公式HP

公式twitterも是非ご覧ください。

三菱化学メディエンスFORUM’13 開催決定!~THE GRAND HALL(品川)にて~  

みなさま、お久しぶりです。

東京の日中最高気温は25℃を超える日が多くなってきましたね。

気持ちの良い陽射しを感じながら、みなさま如何お過ごしでしょうか。

さて、三菱化学メディエンスForum2013の開催が決定いたしました。

今年は7月13日(土)、昨年同様THE GRAND HALL(品川)にて開催です。

参加申し込み受け付け開始は間近!

皆様、まずはスケジュールのご確認を宜しくお願いいたします。

詳細が決定次第、当ブログ及び公式HPにてお伝えいたします。

また、twitterでも「mcm_forum」のアカウントで更新情報をつぶやいて参ります。

是非、フォローして頂けましたら幸いです。

今年もみなさま、宜しくお願いいたします!

会場の下見へ

こんにちは、フォーラム事務局です。

来週の土曜、6月23日に行われるフォーラムの準備を
事務局員総出でしております。

先日も何度目となる打ち合わせ&下見に行って参りました。


これはTHE GRAND HALLの会場につながるエスカレーターです。
当日は、このエスカレーターを目印におこしください。

***************************************

三菱化学メディエンス FORUM ’12『微生物検査の将来展望』
2012年6月23日(土)開催です。
昨年はたくさんの参加お申し込みをいただき、
予定より早く受付締め切りとさせていただきました。
本年も参加をご希望される場合は、お早めのお申し込みをお勧めいたします。

Twitterで感染症動向を見る

こんにちは。フォーラム事務局です。
連休を終え、各地で真夏日になるなど
もうすぐ夏が来ることをヒシヒシと感じる季節になって参りました。

さて、今回は
「Twitterで感染症動向を見る」
というタイトルでちょっと書いてみたいと思います。

普段、twitterで感染症関連のことを見ようとしたら
まずはタイムラインを眺め、
(そうそう都合良くタイムラインにお目当てのツイートが流れてくるわけもないのですが)
キーワード検索をかけて、該当のツイートを見るという感じが多いですよね。

でも、キーワード検索をしても、それぞれ思い思いの内容をつぶやいているので、
「いつごろからつぶやかれ始めたのだろう」
「いつごろ、多くつぶやかれているのだろう」
という疑問に答えてくれるような全体像、いわゆる感染症自体の動向というのは
見えにくいものです。

そこでちょっと使える機能が
googleにある「リアルタイム」です。

お目当てのキーワード(ここでは「インフルエンザ」)を入力し、
「リアルタイム」をクリックします。

そうすると、twitter上でそのキーワード(インフルエンザ)がどのぐらいつぶやかれているのか、
時系列で見ることが出来るのです。

上の画像ですと、時間単位ですがもっと大きなスパンでの動向が見たい場合、
例えば今年に入ってからのtweet状況が知りたい場合は年単位での表示も可能です。

2011年ですと、1月の後半あたりで大きな山があり、
その後落ち着いているのがわかります。

もちろん、感染者数という意味では
もっと精度の高いデータが存在しますのでこの方法は適しませんが、
人々の関心がどのぐらい高まっているのかという意味では
有益な情報となりうると思います。

Get Adobe Flash player